お知らせ

日教組香川教職員組合からのお知らせ

活動内容一覧に戻る

2月11日(木)2021年度憲法擁護香川県民連合総会および第3回憲法講座

共闘団体・他

 安倍退陣後、前政権の路線継承・発展を全面的に打ち出すとともに、改憲にも積極的な姿勢を示す菅新政権が誕生しました。私たちは、引き続き、改憲NO!の声を上げ続けなくてはなりません。また、安倍政権では「森友・加計・桜を見る会」など、公文書の偽造、隠ぺい、改ざん、虚偽答弁など、民主主義を根底から破壊しました。当時、官房長官であった菅首相は「すでに決着済み」との姿勢ですが、前政権の検証も含めた総括もなく、負の遺産にフタをしたまま葬り去ろうとすることは絶対に許されません。
 今後、改憲に向けた議論が大きく展開されていくことも必至となる状況下で、私たちとして「何を世論に訴え、どう運動を進めていくのか」などについて学習し、知識を深めることが求められています。
 このような中、レクザムホール多目的大会議室において、午前9時半から憲法擁護香川県民連合総会を開催されました。引き続き行われた第3回憲法講座(記念講演会)では、「檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし」と題して、弁護士の楾(はんどう)大樹氏が憲法について、とてもわかりやすく、厚く語られました。