日教組香川とは?

日教組香川教職員組合は、1990年1月に結成されました。
日本教職員組合(日教組)に加盟し、全国約30万人のなかまとともに「参加・提言・改革」を基本として、子どもたちのためのよりよい教育と教職員の権利を保障する活動を行っています。

活動方針

01.

「分かる授業、楽しい学校」を目指し、教育研究活動の充実を図ります。

(1)授業研究や実践を積み上げ、子どもの学びが主体となる授業づくりに取り組みます。

(2)香川教育文化総合研究所と連携して、教育実践の交流と成果の共有化を図ります。

(3)教職員のニーズ、現場のニーズをふまえた民主的で力量を高める研修制度を求めます。

02.

「平和・人権・環境・共生」の教育の実現をめざします。

(1)日頃の教育活動を通して,いじめ、不登校、荒れの問題の克服を目指します。

(2)ジェンダーフリーの教育、インクルーシブな学校づくりを目指します。

(3)史実と事実に基づく平和教育をすすめます。

(4)同和教育を中心とした人権教育の研究と実践をすすめます。

03.

21世紀の新しい教育の実現をめざします。

(1)保護者や地域とともに対話活動を実施します。

(2)ゆとりある豊かな教育を実現を目指し,教育現場の声をもとに運動をすすめます。

(3)学校・家庭・地域が連携した「開かれた学校」づくりを目指します。

(4)人事評価制度が公正で、また教職員の実践力の向上につながる制度になるよう取り組みます。

(5)男女混合名簿の普及にともない、教職員の意識改革や名簿の積極的活用の取り組みます。

04.

一人ひとりの子どもにゆきとどいた教育の実現のため、教育条件整備に取り組みます。

(1)30人以下学級をはじめとする重点要求の実現を目指します。

(2)教育施設・設備の充実と魅力ある学校づくりを推進するため、教育予算の充実、義務教育費国庫負担制度の堅持に取り組みます。

専門部活動

  • 女性部

    結婚していても、いなくても、子どもがいても、いなくても、介護の必要な親がいても、いなくても、 体調が良くても、悪くても、仕事を続けながら豊かな人生が送りたい。それがみんなの願い。
    学校にいる一人ひとりがいきいきと働くために、きっと力になります。

  • 青年部

    青年部では若い仲間が集まってお互いの悩みや思いを話し合うなど、肩肘張らない活動を中心に行っています。普段から思っている疑問や分からないことを話し合うことで安心し、お互いに元気付けあう事が出来ます。
    まだまだ活動は活発とは言えませんが、少しずつ仲間を増やしていきたいと考えています。

  • 事務職員部

    現在、事務職員と教員の役割分担を見直し改善することにより、それぞれの機能をどう発揮するかが議論されています。

所在地のご案内

住所
〒760-0008
高松市中野町15-24 佐藤ビル1F
電話番号
フリーダイヤル0120-27-5952
FAX
087-802-1642
営業時間
13:00〜18:00
休日
土曜・日曜・祝日